スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い上がるなよ、人間風情が

天啓が降りてきた気がしました。
今回は、ライフ命をつなぐ物語を見た感想です。

オーシャンズは、海の生物の生態調査、食物連鎖をテーマとした感じがありました。
ライフは、生きるということ、生き抜く力や家族を守るということが重要視されていました。

一人一人の人間は、世の中の一介の人間、歯車に過ぎないのです。
最後の説教部分ですが、池田秀一ボイスで、「思い上がるなよ、人間風情が」と言われた気がしました。


生き物は、生き物を食べて生きています。
草食動物は草木を、肉食動物は草食動物を食すのです。
人間も動物を食べて生きています。
そして、自然災害によって人間を減らしているのです。


特に、気に入ってるのは、ヒゲワシの空から骨を落とすシーン。
骨を岩場に落とし、骨を割り食すのです。
若いヒゲワシは、うまくいかず失敗するのですが、何度も何度もチャレンジするというもの。
生き抜くという力がよく表現できていると思う。
やらなければ、生きていくことができないからだ。

ナレーションの松本幸四郎は、少し気に食わないところもありましたが
カメラの技術に圧巻といったところでしょうか。



エンディングの「蘇生」ですが、ミスチルって先に詩を書いて曲作ってるところがありますよね。
だから、どうしても変なところで止まったり、妙に早口になったりする。
日本人らしいと言えば日本人らしいですが。
でも、これいい歌だなぁと思います。
何度でも生まれ変わっていく、いい歌詞だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天空のZeus

Author:天空のZeus
どうも、天空です。
スカイプID:superzeus813

DOLステータス:2009.3~
A鯖、イングランド

トレカの作成、承ります。

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。